Photosynthetic Characteristics of Highbush Blueberry and Rabbiteye Blueberry in Phytotron


Kameari, N; Horiuchi, N; Suzuki, S; Koike, H; Ogiwara, I

Horticultural Research 9(4): 455-460

2010


園学研.(
Hort.
Res.
(Japan))
9
(4)
:
455-460.
2010.
ファイトトロン内で測定したハイブッシュブルーベリーと
ラビットアイブルーベリーの光合成特性
亀有直子
a
・堀内尚美・鈴木
栄・小池洋男
b
・荻原
勲*
東京農工大学大学院農学府
183-8509
府中市幸町
Photosynthetic
Characteristics
of
Highbush
Blueberry
and
Rabbiteye
Blueberry
in
Phytotron
Naoko
Kamearia,
Naomi
Horiuchi,
Sakae
Suzuki,
Hiroo
Koike"
and
Isao
Ogiwara*
Graduate
School
ofAgricultu
l0
西
yo
Universi
fAgriculture
and
Te
nolog
Fu
u,
To
西
yo
183-8509
Abstract
Photosynthetic
characteristics
measured
with
the
leaves
of
'Weymouth'
highbush
blueberry
(
Vaccinium
coiymbosum
L.)
and
'Ti
lue'
rabbiteye
blueberry
(V
cishei
Reade)
in
phytotron
were
compared
with
regard
to
their
responses
to
light
intensity
(0-
2,000
tmol
m2
_1)
and
temperature
(15-35
C).
As
temperature
increased,
photosynthetic
rates
of
both
cultivars
increased.
Photosynthetic
rates
of
'Weymouth'
were
higher
than
those
of
'Ti
lue'
under
low
temperature
conditions
(15-20
C).
However,
there
was
no
difference
in
photosynthetic
rates
measured
under
hi
temperature
conditions
口5-35。
C),
but
'Weymouth'
showed
hi
er
transpiration
rates
and
lower
water
use
efficiencies
(WIlE)
than
'Ti
lue'.
Furthermore,
photosynthetic
characteristics
of
'Blueray'
highbush
blueberry
under
high
temperature
conditions
(28
and
35
C)
were
similar
to
those
of
'Weymouth'
under
hi
temperature
conditions.
These
findings
show
that
photosynthetic
characteristics
of
leaves
could
be
related
to
the
suitability
of
highbush
blueberries
to
cool
conditions,
and
to
the
heat
tolerance
and
drought
resistance
of
rabbiteye
blueberries.
WIlE
values
measured
at
high
temperature
>35
C
and
high
light
intensity
>1,000
tmol
m2
s一l
could
be
helpful
as
indices
for
evaluating
and
selecting
blueberry
plants
with
heat
tolerance.
Transpiration
rates
increased
at
high
temperature
and
high
light
intensity,
which
suggested
that
shading
in
summer
to
control
light
intensity
under
1,000
tmol
m2
s一1,
a
light
saturation
point,
could
be
useful
for
preventing
water
loss
of
the
plants.
Key
Words
:
interspecific
difference,
light
intensity,
temperature,
transpiration
rate,
water
use
efficiency
キーワード:光強度,蒸散速度,水利用効率,温度,種間差
ブルーベリーの栽培種には,ハイブッシュブルーベリー
(以下,ハイブッシュ種とする)とラビットアイブルーベリー
(以下,ラビットアイ種とする)の2種がある.ハイブッシュ
種は,アメリカ北部の野生種である
I
紐,
cinium
corymbosum
L.
を中心に改良された種であり,ラビットアイ種は,アメリカ
南部のフロリダ州やジョージア州に自生する
V
athei
Reade
から選抜,育種された種である.両種には,起源となった野
生種の特性から,樹勢や耐寒性といった樹の特性や果実品
質,土壌適応性などに相違があることが知られている(玉
田,2004).日本では,低温要求量が大きく耐寒性の強いノ、
イブッシュ種は北海道から関東を中心とした比較的冷涼な
地域で,耐暑性,耐乾性に優れるラビットアイ種は関東から
2009年11月7日
受付.2010年2月9日
受理.
本研究の一部は園芸学会平成19年度秋季大会で発表した.
*
Corresponding
author.
E-mail:
ogiwara@cc.tuat.ac.jp
a
現在:埼玉県農林総合研究センター園芸研究所
b
元長野県果樹試験場
九州までの温暖な地域で栽培されている.
関東地域は両種の栽培が可能であるが,ハイブッシュ種
はラビットアイ種に比べて樹勢が弱く,新梢の生長量が小
さい傾向が認められ,長年栽培したハイブッシュ種の樹の
中には,樹勢が低下して枯死する現象もみられる.樹勢を
維持し,毎年連続的に果実生産を行うためには,まず個葉
の光合成能力を高く維持し,新梢の葉を多く展開させ,そ
れらの配置が太陽ェネルギーを効率的に利用するための構
造を作ることが重要となる.
特に,種や品種ごとの個葉の光合成特性を明らかにし,
その特性から光合成能力を高く維持するために好適な環境
を作り出すことができれば,生産量を増大させることが期
待できる.そこで,多くの作物において光合成特性の種間,
品種間の相違が報告されている(
DeJong,
1983,
岩崎・大垣,
1985;岩崎・吉田,1996;白石ら,1997
a,b;
山本ら,1992).
ブルーベリーに関して,ハイブッシュ種では,
Moon
(1987
a,
b)
が2品種について光強度,温度および湿度が個
葉の光合成特性に及ぼす影響を,
Hanco
ら(1992)が7
品種について高温が個葉の光合成速度に及ぼす影響を報告
455
16
14
0
456
亀有直子・堀内尚美・鈴木
栄・小池洋男・荻原
している.一方,
ラビットアイ種では
Teramura
ら(1979)
が3品種を用いて光強度と個葉の光合成速度との関係を報
告している.
しかし,両種の光合成特性を同一条件下で比
較した報告例はない.
そこで,本研究ではハイブッシュ種‘
Weymouth'
および
ラビットアイ種‘買由
lue’
の代表的な2品種を用い,ファイ
トトロン内で様々な温度と光強度における個葉の光合成特
性を調査した.さらに,高温下における特性を明らかにする
ため,ハイブッシュ種‘
Blueray’
とラビットアイ種‘五比
lue'
を用い,高温が個葉の光合成特性に及ぼす影響を詳細に調査
した.これらの結果を踏まえてそれぞれの品種および種に適
した環境条件および栽培管理について考察した.
材料および方法
1.異なる温度および光強度におけるハイブッシュ種
'
Weymouth'
およびラビットアイ種‘
Tifblue’
の個葉
の光合成特性(実験1)
20
L
ポットに植えた10年生ハイブッシュ種の‘
Weymouth'
と15
L
ポットに植えた8年生ラビットアイ種の‘買比
lue'
を供試した.培養土にはピートモスを用い,土壌の
pH
ダウン剤を用いて約
pHS
に調整した.3月に緩行性肥料
(エコロングトータル,
N:
ら05:馬0
=
13
:
11:
13)を1ポッ
ト当たり15
g
施用し,5-
8月は7日ごとに300倍に希釈
した住友液肥8号
的:
P
:
K=8
:8:8)
を与えた.萌芽前
に結果枝先端の花芽を約50%除去した.
2006年6月に各品種1樹を自然光ファイトトロンに入庫
し,光合成測定装置(
LI-COR,
LI-6400)
を用いて個葉の
光合成速度などを測定した.葉果比が約2の結果枝を1樹
につき2-3本選び,各結果枝の果房直下から発生した新
梢の葉を測定葉とした.両品種とも測定時は果実が緑色の
幼果期であった.チャンバー内の温度は15,
20, 25,
30お
よび35。
C
に設定し,それぞれの温度について光強度0,
250,
500,
1,000,
1,500および2,000
imol
m2
s一1PPFD
条件で測定を行った.チャンバー内の光源には赤青
LED
光(465および670
tim)
を用いた.その他の測定条件は,
C02
濃度350
I
imol
mot1,
流量350
imol
・『1,相対湿度
60
-
65%とした.温度別および光強度別の個葉の光合成速
度,蒸散速度,拡散伝導度および葉内
C02
濃度を記録し,
水利用効率は光合成速度を蒸散速度で除して求めた.なお,
樹体と測定葉の温度を同一にするため,ファイトトロン内
を各温度に設定した後に,チャンバー内の温度を設定して
測定を行った.また,測定中は土壌含水量の低下を防ぐた
め1時間を目安に灌水を行った.
2.高温条件におけるハイブッシュ種‘
Blueray'
およびラ
ビットアイ種‘
lifblue'
の個葉の光合成特性(実験2)
2
L
ポットに植えた3年生ハイブッシュ種の‘
Blueray'
と3年生ラビットアイ種の‘買比
lue’
を供試した.2008年
9月に28および35。
C
に設定した自然光ファイトトロン内
に各品種2樹を入庫し,個葉の光合成速度などを測定した.
測定には果実が着生していない樹を用いた.チャンバー内
の温度はファイトトロン内と同じ温度に設定し,8水準の
光強度(0
-
2,000
imol
lfl-2
s_i)
について各処理区2回
ずつ測定を行った.その他の測定条件は,実験1と同様に
行った.品種と光強度(500および1,500
imol
lfl-2
・『1)
について分散分析(エクセル統計2006釦
r
Windows)
を行
い,主効果と交互作用について解析した.
1.異なる温度および光強度におけるハイブッシュ種
'
Weymouth'
およびラビットアイ種‘
Tifblue’
の個葉
の光合成特性(実験1)
1)温度の影響
光強度2,000
I
imol
lfl-2
s-i
における温度と個葉の光合
成速度との関係を第1図に示した.両品種の個葉の光合成
速度は,温度の上昇に伴い15---30。
C
で増加し,'
Weymouth'
では35。
C
でやや低下する傾向を示した.15および20。
C
は品種間に有意な差がみられ,ハイブッシュ種‘
Weymouth'
の光合成速度はラビットアイ種‘買比
lue’
のそれに比べて
大きかった.しかし,25
-
35。
C
では品種間に有意な差は
認められなかった.
2)温度と光強度との関係
品種間の差が認められた低温条件の20。
C
と両品種で光
合成速度が増加し品種間の差がなくなった高温条件の
30。
C
に着目し,第2図にはこの2つの温度区における光強
度と個葉の光合成速度,蒸散速度,拡散伝導度,葉内
C02
濃度並びに水利用効率との関係を示した.光合成速度は光
強度500
I
imol
m2
s-i
までほぼ直線的に増加した.光強
度の増加に伴い光合成速度の増加程度は徐々に小さくな
り,1,000
I
imol
m2
s-i
付近で光飽和点に達し,それ以上
f
10
15
20
25
30
35
40
Temperature
(
C)
Fig.
I
Effect
of
temperature
on
the
photosynthetic
rate
of
'Weymouth'
(
(>)
and
'Tifblue'
(■
).
Measurements
were
made
肌2,000
pmol
m2
・『
l
PPFD.
Vertical
bars
indic
e
SD
@=2-3).
500
1,000 1,500
2,000
園学研.(
Hort.
Res.
(Japan))
9
(4)
:
455-460.
2010.
457
500
1,000
1,500
2,000
500
1,000 1,500
2,000
、0.30
,0.
25
三0.20「
O
ハ.
r
ulJr
T
-ーよ一一,
^.,、
..員=ジー
uJ.1u
「一房ジー
,0.
プ』
,
0.00
t-
~
0
500
1,000
1,500
2,000
800
700
二へ
600
1500
400
300
200
100
0
0
500
1,000
1,500
2,000
12
500
1,000
1,500
2,000
PPFD
(Imol
m4
・-1
S)
20OC
0--
0
500
1,000
1,500
2,000
0.30
0.25
0.20
0.15
0.10
0.05
0.00
0
500
1,000 1,500
2,000
800
700
600'
500
400
300
200
100
0
500
1,000 1,500
2,000
12
10
8
6
4
2
0
500
1,000 1,500
2,000
PPFD(
nol
m2
s-1)
30oC
Fig.
2
Influence
of
light
intensity
on
photosynthetic
rate,
transpiration
rate,
conductance
to
H20,
intercellular
C02
concentration
(Ci)
and
water
use
efficiency
(WUE)
of
'Weymouth'(-
(>-)
and
'Ti
lue'(-
-■-
-)
under
temperatures
of
20
and
30
C.
Vertical
bars
indicate
SD@=2-3).
の光強度における光合成速度の増加量はわずかであった.
光飽和点における光合成速度は,両品種で30。
C
区が20。
C
区に比べて大きかった.品種間で比較すると,20。
C
区では
1,500
imol
m一2
s-i
以上の光強度でハイブッシュ種
'
Weymouth'
の光合成速度はラビットアイ種‘買比
lue’
それに比べて大きかった.しかし,30。
C
区ではいずれの光
強度でも品種間の差はなかった.なお,光飽和点における
光合成速度は品種および温度によって変化したが,光飽和
点は15,
25および35。
C
においても1,000
imol
m一2
・『1
付近であった(データ略).
蒸散速度は光強度2,000
I
imol
lfl-2
s-i
まで光強度の増
加に伴って増加した.30。
C
区では20。
C
区に比べてその増
458
亀有直子・堀内尚美・鈴木
栄・小池洋男・荻原
加程度が大きく,光強度2,000
imol
m一2
s-i
において30。
C
区の蒸散速度は両品種で20。
C
区の約2.5倍であった.品種
間で比較すると,20。
C
区では光強度2,000
imol
lfl-2
・『1
で,30。
C
区では1,500
imol
m2
・『1以上の光強度でハイ
ブッシュ種‘
Weymouth'
の蒸散速度はラビットアイ種
‘買比
lue’
のそれに比べて大きかった.特に30。
C
区では,
光強度
2,000
imol
m2
・『1
においてハイブッシュ種
'
Weymouth'
の蒸散速度はラビットアイ種‘買比
lue’
の1.3
倍であった.
拡散伝導度の光強度および温度に対する反応は蒸散速度
のそれに類似しており,光強度の増加および温度の上昇に
伴って増加した.また,20。
C
区では品種間の差は認められ
なかったが,30。
C
区では1,500
I
imol
lfl-2
s-i
以上の光強
度でハイブッシュ種‘
Weymouth'
の拡散伝導度はラビット
アイ種‘買比
lue'
に比べて大きかった.
葉内
C02
濃度は光強度が0から250
imol
lfl-2
s-i
に増
加すると200
I
imol
motl
付近まで減少し,それ以上の光
強度ではほぼ一定となった.20。
C
区におけるハイブッシュ
種‘
Weymouth'
の葉内
C02
濃度は,ラビットアイ種‘買比
lue'
に比べてやや大きい傾向がみられた.
水利用効率は光強度の増加に伴って低下したが,30。
C
では20。
C
区に比べてその低下程度が小さかった.30。
C
では蒸散量が大きかったため,水利用効率は各光強度とも
30。
C
区が20。
C
区に比べて小さかった.また,20。
C
区では
品種間の差がなかったが,30。
C
区ではラビットアイ種
‘買比
lue’
の水利用効率がハイブシュ種‘
Weymouth'
のそ
れに比べて大きい傾向がみられた.
2.高温条件におけるハイブッシュ種‘
Blueray'
およびラ
ビットアイ種‘
lifblue'
の個葉の光合成特性(実験2)
第1表に28。
C
区と35。
C
区におけるハイブッシュ種
'
Blueray'
およびラビットアイ種‘買比
lue’
の個葉の光合
成速度,蒸散速度および水利用効率を示した.まず光強度
と個葉の光合成特性との関係を調べたところ,実験1と同
様に両温度区で光合成速度は1,000
I
imol
lfl-2
s-i
付近で
飽和した(データ略).また,光強度の増加に伴って蒸散速
度は増加し,水利用効率は低下した.そこで,28および
35。
C
について,品種('
Blueray'
および‘買比
lue')
と光強
度(500および1,500
I
imo1
m2
s-i)
を各2水準に設定し,
要因解析を行った.両温度区を比較すると,両品種とも光
合成速度には差がなかったが,35。
C
区では28。
C
区に比べ
て,蒸散速度が大きく水利用効率が小さい傾向がみられた.
また,28。
C
区の光合成速度,蒸散速度および水利用効率は
品種間で相違がなかったが,35。
C
区の水利用効率には品種
間で有意な差がみられ,ラビットアイ種‘買比
lue’
がハイ
ブッシュ種‘
Blueray'
に比べて大きかった.35。
C
区では,
蒸散速度についてもハイブッシュ種‘
Blueray’
がラビット
アイ種‘買比
lue'
に比べてやや大きい傾向がみられた.
実験1において,ハイブッシュ種‘
Weymouth'
とラビッ
トアイ種‘買比
lue’
の個葉の光合成特性を20。
C
と30。
C
条件で比較したところ(第1,
2図),低温の20。
C
区にお
ける光合成速度はハイブッシュ種‘
Weymouth'
がラビット
アイ種‘買比
lue'
に比べて大きく,蒸散速度および拡散伝
導度の品種間の差は小さかった.一方,高温の30。
C
区に
おける光合成速度は,両品種とも20。
C
区に比べて大きかっ
たが,品種間に光合成速度の差はなかった.30。
C
区におけ
る蒸散速度は両品種で20。
C
区に比べて大きく増加し,ラ
ビットアイ種‘買比
lue’
はハイブッシュ種‘
Weymouth'
比べて蒸散速度が小さく,水利用効率が大きかった.さら
に,高温条件下での反応を詳しくみるため,実験2で28。
C
と35。
C
におけるハイブッシュ種‘
Blueray'
およびラビッ
トアイ種‘買比
lue’
の光合成特性を調査したところ(第1
表),28。
C
区では品種間に光合成速度,蒸散速度および水
利用効率の相違はなかったが,35。
C
区では実験1の30。
C
区と同様にラビットアイ種‘買比
lue’
はハイブッシュ種
'
Blueray'
に比べて蒸散速度が小さく,水利用効率が大き
かった.
また,実験1と実験2とではハイブッシュ種の品
種,樹齢,着果の有無および栽培条件が異なっていたが,
高温下における光合成特性は同様の傾向を示すことを確認
できた.温度に関するブルーベリーの光合成特性は,
これ
までに
Moon
ら(1987
a,b)
Hancock
ら(1992)によって
Table
I
Photosynthetic
rate,
transpiration
rate
and
water
use
efficiency
(WUE)
of
'Blueray'
and
'Tifblue'
under
hi
temperature
conditions
(28
and
35
C).
28oC
35oC
PPti
J
(pmol
rn2
s一')
Cultivar
Photosynthetic
rate
Transpiration
rate
(prnol
rn2
s一')
(mmol
rn2
s一')
WUE
Photosynthetic
rate
(prnol
mmol')
(prnol
rn2
s一')
Transpiration
rate
WUE
(mmol
rn2
s一')(prnol
mmol
'Blueray'
500
6.85
2.35
4.01
8.17
5.01
1.61
1,500
7.79
3.17
3.09
10.17
6.46
1.55
‘皿比
lue'
500
6.91
2.48
3.19
8.43
3.88
2.20
1,500
8.05
3.36
2.62
10.26
5.47
1.89
Significancez
Cultivar
PPFD
Cultivar
x
PPFD
NS
(P
=
0.95)
NS
(P
=
0.70)
NS
『=0.9乃
NS
(P
=
0.93)
NS
(P
=
0.59)
NS
(P
=
0.62)
NS
(P
=
0.53)
NS
(P
=
0.98)
NS
(P
=
0.88)
NS
(P
=
0.92)
NS
(P
=
0.32)
NS
『=0.9の
NS
(P
=
0.23)
NS
(P
=
0.11)
NS
(P
=
0.93)
中『=0.03)
NS
(P
=
0.24)
NS
(P
=
0.42)
zNS
and
*
indicate
non-significant
and
significant
at
P
<
0.05
(ANOVA).
園学研.(
Hort.
Res.
(Japan))
9
(4)
:
455-460.
2010.
459
ハイブシュ種を用いて調べられており,温度の上昇により
蒸散速度が増加し,水利用効率が低下する傾向は本実験と
一致していた.しかし,
Moon
ら(1987
a,
b)
および
Hancock
ら(1992)の調査では温度が20。
C
から30。
C
に高くなると
光合成速度が低下した点は本実験の結果と異なっていた.
このことには,高温時にみられた光合成速度の著しい低下
を防止するために随時灌水しながら測定を行ったことが影
響したと考えられ,土壌中の水分が十分に存在するとき高
温の30。
C
における光合成速度は,両種とも20。
C
に比べて
大きいことが示された.
これらの結果から,ハイブッシュ種が冷涼な気候に適し
ていると言われているのは,耐寒性の強さに加えて(玉田,
2004),
15
-
20。
C
といった低い温度条件において光合成速
度が大きい特性を具備しているためであると考えられた.
なお,20。
C
区では拡散伝導度に品種間の差がなかったこと
から,光合成速度の差異には気孔の開閉以外の要因が影響
していると考えられた.これに関連して,葉の横断面を調
べたところ,ハイブッシュ種‘
Weymouth'
ではラビットア
イ種‘買比
lue'
に比べて柵状組織における細胞層が一層多
いことが観察された(未発表)ので,このことが光合成速
度と関係しているかを今後検討する必要がある.また,高
温,強光条件におかれたハイブッシュ種‘
Weymouth'
およ
び‘
Blueray’
では,光合成速度が大きくなる一方で,蒸散
速度が大きく,水利用効率が低下すること明らかとなった
(第2図,第1表).夏季に最高気温30。
C
前後の高温が続く
日本の気候条件下では,この時期に蒸散量が増大し,植物
体内の水分が奪われることが樹にストレスを与えていると
推察され,
このことはハイブッシュ種が高温条件に適さな
い要因のーつであると考えられた.一方,ラビットアイ種
が高温や乾燥に耐える能力が高いと言われているのは,本
実験の結果から高温条件において光合成速度が大きく,蒸
散速度が小さく,水利用効率の大きいことが関係している
と示唆された.
また,ハイブッシュ種とラビットアイ種との交雑による
5倍体を中間母本として,ハイブッシュ種との戻し交雑後
代から食味が良く,耐暑性が優れた個体を選抜することが
検討されているが(菊池ら,2008),耐暑性の優れた個体の
選抜においては35。
C
の高温および1,000
imo1
m2
・『1以
上の光強度の条件で測定した水利用効率の大小が選抜の一
指標となると考えられた.
次に,光強度と光合成速度との関係をみると(第2図),
すべての温度区において光合成速度は500
imol
m2
・『1
付近まで直線的に増加し,それ以上の光強度では増加程度
が徐々に小さくなった.2,000
I
imo1
m2
s-i
との光合成速
度の差がなかった光強度を光飽和した状態であると考える
と,両品種とも1,000
imol
m2
・『1付近が光飽和点であ
ると推察された.個葉における光飽和に関して既報の結果
をみると,
Moon
ら(1987
a)
20。
C
の条件でハイブッシュ
種について調べ,
'
Jersey'
では600~
800
imol
lfl-2
・『1,
'
Bluecrop’
では700~
900
I
imo1
m2
・『1で光飽和に達した
と述べている.
Teramura
ら(1979)はラビットアイ種
'
Bluegem',
買比
lue'
および‘
Woodard
の3品種を用い,
30。
C
において700
-
800
pE
m2
・『1
PAR
で飽和したと報
告しており,本実験の結果はこれまでのブルーベリーの報
告例よりもやや高かった.一方,蒸散速度は光強度の増加
に伴って2,000
I
imol
lfl-2
s-i
まで増加し続け,その増加
程度はハイブッシュ種‘
Weymouth'
の高温条件下で特に大
きかった.すなわち,高温条件下では光飽和点以上の光強
度における蒸散速度の増加量が光合成速度のそれよりも大
きくなった.
このことから,光強度を飽和点付近に低下さ
せることで,光合成速度を維持し蒸散速度を低下させ,水
利用効率を向上させることが可能であると考えられる.ブ
ルーベリー栽培農家の中には夏季の高温時に遮光資材を樹
上に展張している場合があるが,光合成速度を著しく低下
させない資材であれば,遮光は植物へのストレスを回避し
効率的に同化産物生産を行わせるうえで有効であり,その
効果は高温下のハイブッシュ種で高いと考えられる.また,
遮光したときの光強度の目安は光飽和点とその光強度の近
辺の蒸散量を考慮して決定するのが望ましいと考えられ
る.本実験では両種とも30。
C
の高温下において,1,
oo0I五flOl
m2
s-i
以上の光強度で光合成速度の増加程度が緩やかに
なり,蒸散量は増加し続けたので,光飽和に達する光強度
である1,000
I
imol
lfl-2
s-i
程度を目安とすることが妥当
であると考えられた.ただし,群落の光飽和点は個葉の光
飽和点に比べて大きくなることが予想されるので,樹単位
での光合成特性を検討する必要がある.
また,本実験では随時灌水を行いながら測定をしたとこ
ろ,高温の30。
C
における光合成速度は,両種とも20。
C
比べて大きかった.高温時における灌水の方法および灌水
量が適正であれば同化産物量を増やすことが期待できるの
で,この点についても今後検討する必要がある.
光強度(0
-
2,000
imol
lfl-2
・『り
と温度(15
-
35。
C)
に着目し,ファイトトロン内で測定したハイブッシュ種
'
Weymouth'
とラビットアイ種‘買比
lue’
の光合成特性を
比較した.両品種の個葉の光合成速度は,温度が高いほど
大きくなった.低温条件(15
-
20。
C)
における個葉の光
合成速度は‘
Weymouth'
が‘買比
lue'
に比べて大きかっ
た.一方,高温条件(25
-
35。
C)
におけるそれは品種間
で相違がなかったが,
'
Weymouth'
は‘買比
lue'
に比べて
蒸散速度が大きく,水利用効率が小さかった.また,ハイ
ブッシュ種‘
Blueray’
を用い,高温条件で行った実験でも
同様の結果が得られた.これらの特性は,ハイブッシュ種
が冷涼な気候に適していること,ラビットアイ種が高温,
乾燥条件に対する耐性を持つことに関係していると考えら
れた.また,35。
C
の高温および1,000
I
imol
lfl-2
s-i
以上
の光強度の条件で測定した水利用効率の大小は,耐暑性が
460
亀有直子・堀内尚美・鈴木
栄・小池洋男・荻原
ある個体の選抜の一指標となると考えられた.強光,高温
条件では蒸散速度が大きくなるため,夏季の高温時には水
分の損失を防ぐために光飽和に達する光強度である
1,000
imol
m2
・『1を目安に遮光を行うことが有効である
ことが示唆された.
引用文献
DeJong,
T.
M.
1983.
C02
assimilation
characteristics
of
five
Prunus
tree
fruit
species.
J.
Amer.
Soc.
Hort.
Sci.
108:
303-
307.
Hancock,
J.
F.,
K.
Ha
ighi,
S.
L.
Krebs,
J.
A.
Flore
and
A.
D.
Draper.
1992.
Photosynthetic
heat
stability
in
highbush
blueberries
and
the
possibility
of
genetic
improvement.
HortScience
27:
1111-1112.
岩崎直人・大垣智昭.1985.カンキツの種・品種における
光合成特性と温度・光条件.園学雑.54:
3
15-322.
岩崎直人・吉田明子.1996.暖地におけるカキ樹の生育と
光合成特性の品種間差異.園学雑.64:
757-762.
菊池知古・近藤 健・山之内利治・岩崎良美・堀内尚美・
荻原
勲.2008.
ブルーベリーの種間雑種の系統にお
ける耐乾性.園学研.7(別1):
93.
Moon,
J.
W.,
J.
A.
Flore
and
J.
F.
Hancock.
1987a.
A
comparison
of
carbon
and
water
vapor
gas
exchange
characteristics
between
a
diploid
and
highbush
blueberry.
J.
Amer.
Soc.
Hort.
Sci.
112:
134-138.
Moon,
J.
W.,
J.
F.
Hancock,
A.
D.
Draper
and
J.
A.
Flore.
1987b.
Genotypic
differences
in
the
effect
of
temperature
on
C02
assimilation
and
water
use
efficiency
in
blueberry.
J.
Amer.
Soc.
Hort.
Sci.
112:
170-173.
白石眞一・熊同
銓・白石美樹夫・北崎真紀子.1997
a.
ドウ属植物の光合成速度に及ぼす光強度の影響.九州
大農学芸雑.51:
103-109.
白石眞一・熊同
銓・白石美樹夫・北崎真紀子.1997
b.
ドウ属植物の光合成速度に及ぼす温度の影響.九州大
農学芸雑.51:
111-115.
玉田孝人.2004.
ブルーベリー栽培に挑戦ーブルーベリー
の品種特性(1)一.農及園.79:
606る14.
Teramura,
A.
H.,
F.
S.
Davies
and
D.
W.
Buchanan.
1979.
Comparative
photosynthesis
and
transpiration
in
excised
shoots
of
rabbiteye
blueberry.
HortScience
14:
723-724.
山本末之・岩崎直人・田中
実.1992.極早生ウンシュウ
ミカンの光合成特性ならびに樹勢における品種間差
異.園学雑.60:
805-8
10.